手ぬぐいを楽しむHow to use tenugui

pic1

手ぬぐいの活用法は幅広く、一枚あるととても便利です。

長く愛用していくと、柔らかさが増し、人の手に馴染むのが特長です。

洋服に例えるなら、ビンテージデニム。育てていく感覚で変化の過程を
楽しむことができるので、沢山の人に愛されています。

お手入れ方法

  • お洗濯について

    pic3

    注染染めの手ぬぐいは、使い始めのうちは洗濯すると色落ちします。2~3回は洗剤を使用せず、他の洗濯物とわけて、ぬるま湯でジャブジャブと手洗いして下さい。洗った後は軽く絞ってシワを伸ばしてからの陰干しをおすすめします。

  • 両端のほつれについて

    pic3

    手ぬぐいの端はタオルなどとは違い、切りっぱなしです。それは濡れてもすぐに乾き、雑菌がたまり難いという利点があるからです。洗ったり、使ったりするたびに徐々にほつれてきますが、縫わなくても余分な糸をカットしていくうちに自然とほつれが止まり、フリンジ状になります。

手ぬぐいを使う

タオルよりも吸水性・速乾性に優れて居る手ぬぐい。
端が切りっぱなしになっていて好きなサイズにカットして使うこともでき、使用用途は様々です。
使い方次第でどんなシチュエーションにも合い、デザイン豊富で季節に合わせてイメージチェンジもできます。
お洒落で機能性も抜群な手ぬぐいの活用法をご紹介。

  • pic4 ボトル包み

    大小さまざまなボトルに手ぬぐいのサイズを合わせて包めば、便利なボトルキャリーに。

  • pic4 ペットボトル包み

    洗濯もできて衛生的な手ぬぐいのペットボトルカバーは持ち手もあって便利です。

  • pic4 お弁当包み

    お気に入りの手ぬぐいでお弁当を包んで、ランチタイムをいつもよりもっと楽しく。

  • pic4 ティッシュBOX包み

    季節や気分にあわせて簡単に変えられるティッシュボックスの包み方です。

  • pic4 ブックカバー

    文庫本や単行本など、簡単に包めるブックカバーで気分によって柄を変えて楽しめます。

  • pic4 お祝儀袋

    お祝い向きの手ぬぐいを選んでご祝儀を包めば、華やかなご祝儀袋として使えます。

  • pic4 インテリア

    大柄や季節の柄は、額やタペストリーを使って部屋に飾って楽しむこともできます。

  • pic4 おしゃれに

    ハンカチがわりに、着物を着たときの半襟に、ファッションに取り入れるアイテムとしても活躍します。

使い方PDFをダウンロード

ページトップへ